MENU

低金利の借り入れなら銀行カードローン!他にもメリットが!?

低金利でキャッシングをしたいと思う方は多いでしょう。
金利が低い分、月々の返済に加えられる利息が少ないので、金銭的負担が少なくなります。
融資額が多ければ、消費者金融でも低金利でカードローンを利用できますが、上限金利がもともと低いのは銀行カードローンです。

 

三菱東京UFJ銀行のバンクイック、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなどのメガバンクは多く紹介されています。
大体が上限15%までとかなりの低金利ですし、融資額が多ければ多いほど、低金利でカードローンが利用できます。

 

審査には専業主婦でも30万円や50万円までの融資なら申込可能です。
また、イオン銀行や楽天銀行など買い物を中心とした店舗が銀行カードローンのサービスを提供しています。
こういったカードローンを利用すると、低金利の他にポイント贈呈であったり、買い物が割り引きになるなどの特典があります。
よく通販で買物をする人なら、楽天銀行カードローンは低金利で買い物にも使えるので便利ですね。

 

審査自体は消費者金融よりも少し厳しい傾向にありますが、安定収入があり事故歴などなく借入の返済をしていれば、審査通過の可能性は大きいです。
車などの大きな金額の買い物、手持ちの現金だけでは買えない電化製品などを購入するときには大変便利です。

 

即日融資に対応している銀行カードローンもあるので、お金に困った時にすぐに使えると助かります。
こういったメリットがあるので、低金利でカードローンを利用するのであれば、銀行カードローンをお勧めします。

厳しい銀行カードローンの審査に通りやすい状況を作ろう!

低金利、高額な限度額が設定されている銀行カードローンは、多くの人々が利用していますし多くの人々が「利用したい」と考えています。

 

この銀行カードローンの審査に通るためには「会社員、正社員であること」そして「年収400万円以上」などの条件がありますが、実は最近、「年収を問わない」「パート、アルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能」など、積極的に融資を行っている銀行カードローンが増えています。

 

ところが、インターネットの口コミを見るとパートやアルバイトでも審査に通る人もいれば通らない人もいますし、申し込み条件に合っている人でも審査に通らない人もいます。

 

そうなると「銀行カードローンの審査基準はどうなっているのか」という疑問を持つかもしれませんが、実は明確な審査基準については一切公開していませんので、どのような人が審査に通りやすいのかがはっきりしません。

 

ただ、下記のご紹介する条件を満たしていれば、審査に通る可能性が高くなります。

 

・勤続年数が長い
銀行カードローンの審査は勤務先なども判断要素になりますが、パートやアルバイトの場合はどの勤務先で働いていても、いつでも辞めることが出来ますから、勤務先よりも勤続年数が重視されます。

 

例えば勤続年数が1年以内であれば「すぐに仕事を辞める可能性がある」ということで、あまりよい印象を与えません。

 

ところが5年、10年と同じ仕事を続けていれば「その仕事を今後も続ける可能性が高い」ということで「将来的に安定した収入が見込める」と判断されます。

 

・年齢が若いこと
銀行カードローンに申し込みが出来るのは一般的に20歳以上65歳以下の人になりますが、年齢が若い20代や30代の人ほど審査に通る可能性が高くなります。

 

これは「仕事に就きやすい」「稼ぎやすい」という特徴がありますので、勤続年数など他の属性が低い場合であっても審査に通る可能性が高いでしょう。

 

・家族構成、居住形態
家族構成は同居している家族構成、居住形態は賃貸か持ち家か、さらに居住年数が聞かれますが、これらの項目は「返済せずに逃げる可能性があるかどうか」をチェックします。

 

1人暮らしの場合、自由にお金を使うことが出来るものの、突然いなくなる可能性があるだけではなく、居住形態が賃貸であれば引越しがしやすいので、簡単に姿を消してしまうという特徴があります。

 

実は、これはイメージでも何でもなく実際に統計を取った結果、このようなデータが出ていますので、融資側が警戒するのも無理はありません。

 

「銀行カードローンが利用したい」と思いがあれば、まず自分の状況が審査に通りやすいかどうかを見つめ直すということが必要ですね。

 

もし、審査に通りにくい状況であれば、きちんと改善することが大切です。

↓Click↓
低金利の借り入れなら銀行カードローン!他にもメリットが!?