カードローンの利用可能額の増枠をする場合

MENU

カードローンの利用可能額の増枠をする場合

カードローンの利用可能額の増枠をする場合、増枠の審査が必要です。カード会社の商品によりますが、ある一定の利用限度額までは、本人確認書類の運転免許証や保険証があれば審査を受けることができます。それ以上の金額が必要な場合は、申込者の正確な年収に基づいての審査が必要です。

 

さらに信用情報機関に申込者のほかの借り入れ状況について問い合わせを行います。年収に対して借り入れのバランスが適正かどうかを確認するのです。この項目と、ほかの審査項目を鑑みて、利用限度額が増減します。ところで、年収を確認する書類は大まかに次の書類です。

 

給与明細書、源泉徴収票、所得証明書、納税証明書などです。比較的給与明細書が用意しやすいですが、カード会社によっては年収が一目でわかる書類を求められる場合もあります。信用情報機関への問い合わせですが、履歴が残ります。また、個人情報を閲覧することになるので、審査の都度申込者に了承を得る必要があります。

 

万が一申込者が問い合わせを拒否した場合、残念ながら審査を進めることができません。カード会社もこれだけ慎重になっているので、カードローンの利用限度額を見直す場合は、審査を依頼する前にほんとうに見直す必要があるのか自分に問いかける必要があります。

カードローンの限度額を増やす方法がある!!

初めてカードローンを契約した時、必ず利用の限度額が決められます。
カードローンは、その限度額の中で借りたり返済を行ったりと反復取引を行うことができます。
限度額は、申込の際に勤続年数や年収、借入状況など様々な審査項目から決定されます。
ですが、申請をすることによってカードローンの限度額を増額することができる場合があります。
申請をするためには絶対条件があります。
それは、これまでの返済履歴に遅延がないことです。
返済に遅延があるということは、当初決めた約束を守らなかったということで、今後の返済にも懸念が持たれてしまいます。
延滞にも月中延滞と、月越延滞があります。
保証会社は、月末までに返済している場合と、末日を越えて尚延滞している場合とで見方が変わります。
どちらかで言えば前者の方が良いですが、延滞しないに越したことはありません。
また、毎月の返済を遅延なく行っていれば、保証会社から増額の依頼がくることもあります。
各保証会社によって申請の方法は異なりますが、増額する側としては現在よりプラスになる情報が欲しいです。
例えば、「年収が上がった」、「申込の際に記載していなかった金融資産、固定資産がある」、「借入が終わり毎月の返済額が減った」などです。
審査をすることじたい費用はかかりませんし、増額可能と連絡が来て必ず手続きを行わなければいけないわけでもないので、もし増額が希望でしたら一度問い合わせをして審査に出してみるのも良いと思います。

↓Click↓
カードローンの利用可能額の増枠をする場合