MENU

リボ払いをしていると審査に影響する?クレジットカードの審査にひっかかるポイント

リボ払いという言葉を最近カード会社の広告などでよく目にすることが増えました。
リボ払いとは利用金額や件数などに関係なく、毎月決められた金額をクレジットカード会社に支払う方法です。
月々の支払いが分かりやすいので、急な出費があったりする場合にはとても助かる方法です。
しかし、買い物する度に支払い回数を設定する分割払いと違い、毎月支払いしても次の買い物をしてしまうと更に支払い残高が増えてしまうことになります。
無計画に使うと気がついたらとんでもない金額になっていたということもあります。
リボ払いは利息も高いので支払い総額が高ければ毎月は少しの支払いでも利息だけを払ってなかなか元金が減らないケースもあります。
そんな利点と欠点が伴っているリボ払いは審査にとってはどんな風に見られるのでしょうか。
審査とは個人信用情報機関が管理するクレジットカードの履歴です。
リボ払いでどのように使っているかなどを確認することができます。
リボ払いでも過度の買い物はせずに毎月の支払いも出来ていれば問題は無いでしょう。
しかし、無計画な利用でリボ払いの支払い総額が限度額ギリギリや年収の3分の1以上の総量規制に引っかかると信用情報にもそのことが記載されるので審査に引っかかるポイントと言えます。
カード会社は信用情報機関を通して今持っているカードの利用状態を確認することが出来ます。
今のカードがギリギリの状態だと次のカードでも同じような事になるのでは、などの不信を与えやすくなるでしょう。

 

クレジットカードを使い切って任意整理したがいい?任意整理は早いほうがいい理由

まず任意整理をするということは、その後クレジットカードなどを使うことができなくなるということも十分考えられます。
そのため、使えなくなる前にクレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠を使い切っておくという方も多くいます。
確かにカードが使えなくなりますので、その後の当面の生活のために現金を用意しておくため、こうしたクレジットカードの枠を使っておくことも方法としては「アリ」といえるでしょう。
ただし、任意整理で全ての借金がなくなるわけではないので、無理な借金はやはり控えるべきでしょう。
借りたお金については必ず利息がつきます。
任意整理をしたとしても、将来の利息がなくなるだけで、今借りてしまったお金についての利息は払わなければなりません。
つまり任意整理をするからといって、余計なお金を使ってしまうことは、無駄にそのあとの支払額を増やしているだけなのです。

 

そして、最近ではクレジットカードに電子マネーの機能が付帯しているようなものもあります。
こうした電子マネーに関しても、やはり使い切っておくという事もできます。
電子マネー機能付きのクレジットカードでは、任意整理の際には、手元に残すことは難しくなるので、使い切ってから専門家に預けることもできます。
とはいえ、電子マネーの残りに関しては、任意整理の後に戻ってくることもありますが、やはり任意整理前に手元に現金を残しておくために電子マネーを使いきっておくということも良い方法です。

 

そして、任意整理のタイミングですが、早ければ早いほど良いと言えます。
借金が膨らんでくると、個人の力や計画では対処するのが難しくなりますし、お金を貸している側からしても専門家が返済計画に入ることで、返金が確実に行われるということを期待できるようになるわけです。
このように任意整理を行なうことで専門家の指導の下に計画的に借金返済をするようになるので、任意整理を行なうのは早いほうが良いと言えます。
任意整理のメリットの1つは将来の利息をカットできるということです。
つまり早く任意整理をすればそれから先の利息は払わずに、今より前の利息についてのみ払えばよくなります。
つまり任意整理をせずに長引かせれば長引かせるほどその日数分の利息が着々と増えているのです。
もう返済がきつい、と思った時点で任意整理するのがいいでしょう。

↓Click↓
リボ払いをしていると審査に影響する?クレジットカードの審査にひっかかるポイント