MENU

クレジットカードをスピード発行してもらうには?ネットで申し込むと早いって本当?

クレジットカードを通常よりも早く作成してくれるサービスがクレジットカードのスピード発行です。

 

通常であれば手元に届くまでに2週間〜4週間ほどの期間がかかるのに対して「スピード発行」「即日発行」と紹介しているカードはすぐに手元に届くことができますが、どれだけ即日発行といっても、郵送や宅配便などを利用して自宅まで送ってくれるにしても配送には1日〜2日の時間が必要になってしまいます。

 

では、どのような方法でスピード発行ができるのかというと、実はクレジットカードをインターネットで申し込み、「クレジットカードの入会審査が完了しました。カードの発行が可能です」というカード会社からの連絡から入り次第、自分からクレジットカードを受け取りに行くという方法です。

 

つまり、申し込みは自宅にいながら手続きを行い、カードは郵送してもらうのではなく自分でサービスカウンターまで取りに行くという方法です。

 

受け取り可能なのは消費者金融のクレジットカードならば消費者金融の営業所、そしてデパートやショッピングセンターなどの流通系クレジットカードならば、これらの施設に受け取りに行くことによってその日のうちに入手できます。

 

「自分から出向くのは手間がかかる」というイメージがあるかもしれませんが、その日のうちにクレジットカードが入手できるのは、急いで必要としている人にとってはとても大きなメリットでしょう。

 

また、スピード発行に限らず、少しでも早くクレジットカードを発行してもらうにも、やはりインターネットの申し込みのほうがネット上で申し込んだ瞬間にカード会社に自分の情報が届きますので、早く手続きを行うことが出来ます。

 

近年ではインターネットの利用が増えてきており、クレジットカードの申し込みもインターネット上で行うことが多くなってきています。

 

入力項目に必要事項を入力するという簡単な方法ですので、ぜひ、インターネット上からの申し込みを利用してみてはどうでしょうか。

↓Click↓
クレジットカードを即日発行してもらうには?ネットで申し込むと早いって本当?